対局を振り返る③ ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Buenas tardes!(こんにちは!)

今日はhalpichの「棋譜」

検討していきましょう!

 

先にhalpichの「大会結果」を述べます!(笑)

「結果を先に述べる」理由としては,

前回の記事でお伝えしたように,

「結果」より「過程」重視しているからです!

 

それでは!

第54回「しんぶん赤旗」沖縄大会

(10/8  場所:かりゆし園)

気になる!halpichの結果は!!?

「 1勝 ➖ 2敗 」でした!!(笑)

C級予選落ちという結果となりました!

しかし!!本大会での目標は,

「勝敗(結果)」ではありません!

今回の大会において,

私とhalpichとの「決まりごと(目標)」は,

以下2点です!

①コマ組み(自分の形)ができる

②飛車を浮くことができる

この2点を守ることができていたらば,

今回の大会での目標は達成であり,

「100点満点」となります!

 

さて,早速見ていきましょう!

今回,halpichは「1勝2敗」ということで,

合計「3局」の棋譜が手元にあります!

さらに,その3局の棋譜を,

「対居飛車」「対振り飛車」とで

分別します!

その結果,

対居飛車は「1局」,対振り飛車は「2局」

と分けることができました!

対〜とは,halpichの対戦相手の戦法が

「居飛車」か「振り飛車」である,ということ。

 

さて!データが整ったところで,

分析開始です!

【棋譜:無料アプリ「ぴよ将棋」を使用】

①コマ組み(自分の形)ができる

halpichの愛用している戦法は「三間飛車」

飛車を定位置(右から2列目)から

左から3列目に移動して戦う戦法です!

写真図から,飛車の位置を「左から3列目」

しっかりと振っている(移動)ことが

確認できますね!(目標達成おめでとう!)

 

②飛車を浮くことができる

・対居飛車の場合:

 飛車先の歩を「交換しないで」,飛車を76に浮く

・対振り飛車の場合:

飛車先の歩を「交換してから」,飛車を76に浮く

※⇩飛車先の歩の交換手順

(▲74歩△同歩▲同飛△73歩打▲76飛)

▲先手(下),△後手(上)

・「対振り飛車」です!

決まりごと(目標)では,

「飛車先の歩を交換してから,飛車を76に浮く」

ですが!!?

「ああ!!!」

(そのまま浮いちゃった 笑)

 

続いての対局も「対振り飛車」です!

「あああ!!!!」

(一局目と同じように,そのまま浮いちゃった 笑)

どうやら,

「②飛車を浮くことができる」について,

「対居飛車」と「対振り飛車」の違い

忘れているようです!(笑)

 

それでは!今日のまとめです!

今回の振り返りを行ったことで,

halpichの「理解が足りていない部分」

が明らかとなりました!

そのことによって,

halpichは,次回の大会に向け,

「修正(適切な努力)をする部分」に,

気がつくことができたのです!

以上をふまえて,

私がお伝えしたいことが以下です!

「負けた!(結果)」ではなく,

・「なぜ負けたのか?」

・「どこが悪かったのか?」

など「過程」を「振り返る」ことが

重要であること。

⑵ 「将棋(媒体)を通した体験」によって,

様々なことに(問題点・疑問点など)

「自分自身」で「気がつくことができる」

きっかけとして期待ができること。

その結果,自己努力によって,

自己実現(目標達成)できた経験は,

将棋に限らず,他の場面においても,

目標に向かい,粘り強く継続する力に

繋がると私は考えています!

将棋を通して,

「主体的な取り組み」を促していくことが,

目的となります!

 

ハート将棋 沖縄 将棋 藤井聡太