駒落ち対局「7枚落ちデビュー戦 ②」٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Buenos dias!(おはようございます!)

お気に入りのコーヒーを淹れて,

ゼブラパンを食べながら

今日の記事を書き始めました!

知っていましたか!?

ゼブラパンは沖縄にしか存在しないのですよ!(笑)

(当時の私には衝撃でした!笑)

ですから,

県外出張の際など,

「沖縄のオススメ品は何ですか?」

と聞かれたときには,

私は自信を持って

「ゼブラパン」

答えています!(笑)

※ 糖質が高いので,自己責任ですよ!(笑)

 

さて!昨日の続きです!

 

※将棋の専門用語

「駒落ち」「上手」について知らない方は,

先にこちらの記事を読まれると

今回の内容がより理解できると思います!

【⇩駒落ちとは?上手とは?】

http://halpich.work/2017/10/02/コマ落ちとは?/

 

halpich:「7枚落ちしよう!」

 

なんと!

halpichが!

自ら(自主的に)

私に声をかけてきましたよ!!

嬉しいですね!!

 

しかし!!

喜んでいるのもつかの間です!!

 

 

ドックン!

 

 

ドックン!

 

 

ドックン!ドックン!

 

そうです!!

ここは「上手」として!

「負けてはいけない場面」なのです!

 

今のhalpichの気持ちとしては,

壁(棋力の向上が得られない)

を乗り越えて

自身の成長を「実感」

できていることが考えられます!

いわば,

勢いに乗っている状態であり,

その結果,

今回の行動(発言)に繋がったことが

考えられます!

また,

そのような行動の背景には,

以下のような

心理的な変容プロセス(変化の過程)

を経たことが考えられます!

・「成長の実感」(行動を起こすきっかけ)

(以前の自分と比べ,自身の棋力が高くなったことを

自身で感じることができる)

             ⇩

・「7枚落ちしよう!」(結果:実際に行動を起こした)

 

 

もちろん!

そのこと事態については,

大変望ましいことです!

 

なのですが!!?

「先は長い,深い,言葉にならないくらい」

そうです!

確かにhalpichは!

かつての壁を乗り越え,

大きな一歩をふみ出しました!

ですが,今ここで,

一気に駆け上がってしまうと,

「実力以上の棋力」があると

「勘違いしてしまう」可能性があるからです!

「1歩進んだ」ことを「3歩進んだ」と

勘違いさせてしまう可能性があるからです!

そして,

その勘違いはやがて「おごり」

変わってしまう可能性や,

「勝てなくなってしまった」ときに

その誤って見積もった自分への期待感

見積もった分だけそのまま挫折感へと

変化してしまう可能性がみられるからです!

 

そこで!

私の方針としましては,

halpichの自身での評価が適切であること,

「現実検討力」があることを重視します!

つまり,

「理想自己(自分の理想)」

現実自己(現実の自分)」との

ギャップが少ないこと,

いわば自分の評価を誤らずに,

「今の自分はこれだけは確実にできる」

という根で地盤を固めておきたいからです!

その根の積み重ね(基礎力)が,

やがて広大な地盤を築き,

現実感の伴った確かな自信

へと繋がっていくと考えるからです!

 

パチンッ!

「よろしくお願いします」

 

2人の熱い戦いが,幕を開けました・・・

 

将棋 沖縄 ハート将棋 藤井聡太 学習方法