駒落ち対局「7枚落ちデビュー戦 ④」٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Buenas tardes!(こんばんは!)

夜から冷えてきましたね!

さらに気圧の影響もあって,

体調を崩しやすい時期かと思いますが,

うまくお付き合いできたらいいですね!

 

今日は記事の更新が

今(夜)になりました!

実は,いつものように今朝

投稿する予定でしたが,

記事を書き終えて

以下2点のウエイトについて考えていました!

・「臨場感あふれる観戦記(以下,臨場感)」

・「将棋初心者でもわかりやすい(以下,初心)」

その結果,

今回は,「臨場感」:「初心」= 4: 6

(内容がせっかくの「コマ落ち」なので,

出来る限り,将棋初心者の方でも楽しめるように書きたい!)

にウエイトを置きます!

そして,

現在,将棋初心者の方向けに準備を進めている

将棋の「ルール」や「用語」などの

解説コーナーがOPEN次第,

徐々にウエイトを「臨場感」:「初心」= 6: 4

(将棋ファンの皆さんがワクワクするように書きたい笑)

に逆転させていこうと思います!

その頃には,もうすでに初心者では

ないかもしれませんね!(笑)

 

それでは!「7枚落ち」の始まりです!

今日は,将棋の基本的な考え方を

「7枚落ち」対局と繋げながら

簡潔に伝えていきます!

将棋は相手の玉を詰ませれば勝ちとなります!

大きな流れとして,

①序盤 ②中盤 ③終盤 

に分けて考えるのが基本的な方針です!

今回は,①序盤です!

序盤の基本方針として,

「相手玉の詰みを狙う前に

自軍の攻撃陣・守備軍の整備に

費やします!」✳︎

✳︎【 参考資料:「上達するヒント」

羽生善治 (浅川書房) 】

 

つまり,将棋の「序盤」では,

攻める場所(筋)を決める

 (自軍の攻撃陣の準備に費やす)

囲い(王を戦場から遠くへ!)

 (自軍の守備軍の整備に費やす)

開戦

ということになります!

それでは!

halpichの実際の対局を

見ていきましょう!

以下の写真は

序盤の駒組みが落ち着いたところです!

halpichのお気に入りの戦法は

「三間飛車(石田流)」

飛車を3筋に振ってから(動かして)

戦う戦法です!

 

① 攻める場所(筋)を決める

「初期配置」と比べてみてください!

しっかりと飛車(赤丸で囲んだ駒)を

右から3列目(3筋)に振っていますね!

 

② 囲い(王を戦場から遠くへ!)

攻める場所を決めたら,

王を戦場から遠くへ移動します!

「初期配置」と比べてみてください!

しっかりとhalpich王が移動して,

戦場(3筋)から遠ざかっていますね!

「片美濃囲い」という囲いです!

 

③ 開戦

さて!自軍の攻撃陣・守備軍の整備が完成したら!

いよいよ戦いが始まります!

 

沖縄 将棋 女子 藤井聡太 ハート将棋