駒落ち対局「7枚落ちデビュー戦 ⑧」٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

Buenos dias!(おはようございます!)

今回は!いよいよ!クライマックス!

駒落ち対局「7枚落ちデビュー戦 」!!

①〜⑧まで続きましたね!(笑)

長かったですかね!?(笑)

それでは!

最終話をお読みいただいて

スッキリとして!!!(笑)

 ¡ Buena fin de semana !

(良い週末をお過ごしくださいね!)

 

前回の最終局面図です!

私(上手)からの最後の試練(プレゼント)

「攻防の角打ち」でした!

(▲44角打まで)

※▲先手(私)△後手(halpich)

halpichは

「△82玉」

落ち着いて玉を逃がします!

さらに!!?

「▲55角と角を引いて王手をかけます!

そこでなんと!!?

halpichが指した手は!!!?

「パチンッ!」

「△73桂」です!!!

 

 

 

 

 

さて!ここで!

「詰将棋の時間」です!(笑)

・有段者の方は持ち時間は30秒です!

・級位者の方はゆっくりと考えてみてください!

ぜひ!チャレンジしてみましょう!!

 

【 詰将棋 】以下の局面図です!(△73桂まで)

詰みまで読めましたら,進んでくださいね!

それでは!正解です!!

初手「▲73成銀」

2手目「△93玉」

3手目「▲85桂」

4手目「△84玉」

5手目「▲66角」(角が大活躍ですね!笑)

6手目「△75歩」

7手目「▲34飛成」

8手目「△95玉」

9手目「▲96金打」まで

(halpich玉の逃げ場がない=詰み

以上の結果となりました!(笑)

halpich「あと一手だったのに!!!!」

はい!

しっかりと下手に言わせること

成功しましたよ!(笑)

【⇩上手の思考・下手の思考】

http://halpich.work/2017/10/05/上手・下手の思考/

なんとか「下手が学べる」

内容を創れたのでは

ないでしょうか!?(笑)

ものすごく神経を使いました(笑)

 

それでは!

一番大切な感想戦(振り返り)です!

私とhalpichの関係においては,

勝ち負け(結果)はあまり気にしていません!

今回の対局内容(過程)から学べた点を

一緒に整理してみましょう!

【 良かったところ 】

①攻めの準備ができたこと

(三間飛車がしっかりと組めた!)

②守りの準備ができたこと

(玉を戦場から遠ざけることができた!

片美濃囲いが組めた!)

③「▲32飛打」に対応できたこと

(角を慌てて逃さない!

△75金▲86玉△66角のコンビネーション!)

④上手(私)王を下段に落として追い詰めたこと

(寄せがしっかりとできた!)

「褒めるところ」が沢山ありますね!

 

【 改善点 】

実はこの局面図!(△73桂まで)

halpichの

「受け間違い(守り方を間違えた)」

なのです!(苦笑)

では,一手戻りまして(△73桂の前),

この局面図

「形成判断」としては,

明らかにhalpich「勝勢」です!

※「勝ちやすさ」の評価値:勝勢>優勢>有利

例えば,

「△64歩打」受け,「▲同角」を誘い

角筋をずらしてから(88のマスに角が効いていない)

「△93玉」と逃げることで,

次に待望の「△88金寄り」が実現するのです!

しかし,

大終盤において

halpichの心情としては,

「あと一手で勝てそう!!(ドキドキ)」

「やばい!角が厳しい!」など

勝利を意識した緊張感

頭がいっぱい(笑)

 

そんなときに,

「大山先生の格言」

・人間というのは弱い存在なので,

 必ずミスしたり,間違えたりするもの

【 写真:takahashiryuiki.sakura.ne.jp 】

 

上手はそこを突いてきます!(笑)

 

halpichは

「上手の惑わし術」

まんまとかかったということです!(笑)

以上,

halpichの「7枚落ち」デビュー戦は

惜しくも敗れましたが,

halpichの成長を

とても味わうことができた一局と

なりました!

 

将棋 女子 沖縄 ハート将棋 学習 自己実現 努力 藤井聡太