「Kの頭脳」 ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

・コラム(Column)・

プロフィールに収まらなかった(笑)

「管理人の思い」


 

・ 将棋盤の向こう側に相手が存在するように ・

ブラインドの向こう側におられ

同じ思いを持ったあなたと

アイディアや情報を共有することで

「目標の現実化」

は加速すると考えています!

 

「今は情報化の時代でもあります。もしも,自分がある一つのアイディアや発想を思いついても,それは既に他の誰かが思い付いていると考えるようにしているのです。」

( 羽生善治 )

 

 

1. 「コラム(Column)」はしがき

 

このコーナーでは

プロフィールに収まらなかった!(笑)

・「プロフィール」はこちらからご覧くださいね♬

 

「管理人」の100%の思いを書き綴ります!!

120%かもしれません!!(笑)

覚悟はよろしいでしょうか!?

(OKですよね!?笑)

 

普段のBLOGでは主に

「halpichの将棋体験」

「halpichと私とのやり取り」

を通して

「あなたの棋力向上のきっかけや楽しみ!

さらには日々のプチ息抜きタイムとして

活用してくれたらいいな!」

という思いを込めて書いています!

 

また願わくば!

将棋場面のみならず!

日常生活の様々な

「自己選択場面」においても

最善手を導き出せるように!

 

将棋を通して体験したことは

将棋場面以外でもそのまま活用することができる

 

を信条として

思いを込めて書いています!

 

「学ぶことは楽しい」

私が将棋を通して

一番伝えたい思いはそれでしょうね!

(勉強は面白くないというイメージが

強いですからねぇ!笑)

 

「なぜ楽しいのか!?」

自分の目標達成(自己実現)に

繋がる可能性が高まることを

実感できるからです!

 

プロフィールでも書きましたが

私は32歳の時に将棋と出会い

上記のようなことを

とても実感しています!

 

はい!(笑)

「あいさつは手短に」のつもりでしたが!

すでに120%の気持ちで

書き過ぎてしまいました!(笑)

 

2. 第1巻:「私」×「将棋」

 

「 Kの頭脳 」

将棋愛好家の皆さまは

もちろん!お分かりですよね!?(笑)

(リスペクトの意を込めています!)

 

私が将棋を始めたての頃(32歳の5月)

表紙を見て「カッコイイ!!」と思い

初めて購入した棋書が

「羽生の頭脳」でした!

(1巻から10巻まで本棚に並んでいるのを

眺めてみては!強くなった気がしました!笑)

 

「定跡」という言葉の意味も

わからなかった私は(笑)

 

・「これにて居飛車よし」

(ええ!?どこが!!?)

・「優劣不明の戦い」

(ええ!!続きはどうしたらいいの!!?)

 

などなど!(笑)

パニックになっていたのが懐かしいです!

(あるあるですよね!笑)

 

時を経て

アマチュア三段に昇段した頃

改めて読み直してみると

「内容が理解できる」ことに

自分の成長を実感して

感動したことを今でも覚えています!

(藤井聡太五段も読まれたそうですね!)

 

あなたにもそのような思い入れのある

棋書と出会えたでしょうか?

本棚にはあの頃の自分を

見つけることがありますね ♪

 

3. 第2巻:「私」×「メモ帳」

 

 

「書くこと」

私にとって最重要な行為です!(笑)

 

私にとっての三種の神器は間違いなく

「お気に入りのペン」(テンションが違います!笑)

「白紙(メモ帳)」(これがない一日は退屈です!笑)

「ノートパソコン」(できれば撮影用に iphoneも笑)

 

つまり

「書くこと」で情報を保存し

「書きながら」思考を整理し

「書き終えた」時点で自分の言葉になっている

 

その作業が大好きです!(笑)

 

はい!(笑)

↓ こちらが例です!(笑)

 

隙間時間において常にこのような

アイディアを書いては見直し(笑)

整理して書き溜めてはまた見直し(笑)

 

 

その作業が大好きです!(笑)

 

4. 第3巻:「私」×「オススメ動画(思いは招く)」

 

 

あなたの好奇心を満たし,世界観を広げましょう!

(TEDより引用フレーズ)

 

なんとも素敵なフレーズですよねぇ!!

とてもワクワクした気持ちで

引き寄せられてしまいます!(笑)

はい!(笑)

 

①「TED」とは?

 

あなたは「TED」をご存知でしょうか?

・価値のあるアイデアを世に広めることを目的とする

アメリカ合衆国の非営利団体

・毎年大規模な世界講演会「TED Conference」を開催。

・1984年の設立当初は「技術」「エンターテインメント」

「デザイン」の3つの分野からスピーカーを集めて

会議を行っていた。

※ TED( Technology Entertainment Design )

【ウィキペディアより】

 

②「思いは招く」植松 努 氏(TED × Sapporo)

 

「 百聞は一見に如かず 」

ああ実際のスピーチを見てみてください!(╹◡╹)

 

「植松努さん」(株)植松電機 専務取締役

夢や目標を語る人々に対し、「どうせ無理だ」と簡単に決めつけてしまう人がいます。植松努氏は、この言葉が多くの人から自信や可能性を奪っているといいます。周囲から無理だと言われながらも、民間での宇宙開発に挑み続ける同氏が語る、自信の育て方とは?(TEDxSapporoより)

 

 

いかがでしたでしょうか!?

 

③  書きたいテーマ 2018

 

私ももっと書きたくなりました!(笑)

 

あなたのやりたいこと(夢や目標)が

実りますように!

まだ明確な目標が定まらない方は

書くことから始めてみてもいいでしょうね!

 

Dreams come true…☆

 

5. 終わりに

 

以上で,コラム(Column)

「プロフィールに収まらなかった(笑)

a管理人の思い」を最後までお読みくださり

ありがとうございました!(╹◡╹)

・「プロフィール」はこちらからご覧くださいね♬

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。