【ハルピチ将棋ノート】初心者がゼロから『将棋ウォーズ初段』になるためにッ!

 

Coming Soon…

(本業の合間に更新しています!2021年末までに仕上がることが目標です☆)

【さあ!初段へ向かって!いっしょに冒険じゃッ♬】

 

~天は自ら助くる者を助く~

人生は自分の手でしか開けない

自分で自分を助けようとする精神こそ

その人間をいつまでも励まし続ける

サミュエル・スマイルズ(自助論)

 

 

はじめに

Dear ハルピチ

 

将棋は 将棋を超えて

必ず自分を助けてくれる体験と

なることを信じている

 

重要な場面にて 緊張する自分と

付き合えることもできるようになる

 

“じぶんらしさ“にたどり着くために

 人と共に生きる“本当の意味“を知る

 

『将棋で初段になる』

その体験の過程において

 全て手に入ると 確信している

 

だまされたと思って

まずは 始めてほしい

 

そして 同じ時代に生きる皆さんと

分かち合えることをおもい

2021.0820  ぷろK

 

◇登場人物を紹介しますッ☆

 

ぷろK
ぷろK
はじめまして!ぷろKです!数あるブログの中から!遊びにきてくれてありがとうございます!

32歳のときに将棋と出会いました!(決して早くないですよね!笑)現在は、40代「将棋ウォーズ四段」になることができました!

主な3つの要因として!①じぶんにあった勉強法を知る(自己理解)②支えてくれた環境(適切な人間関係・居場所)③継続力(明確な目標・決意)だと実感しています!

一緒に研鑽していきましょう☆

 

a

ハルピチ
ハルピチ
 ハルピチです!王手すら気づかなかったわたしですが!目標は「初段に成ること」ですッ!!

将棋を始めたキッカケは、“ぷろKが、アマチュア将棋大会に参加する”と聞いたときでした!そこで、「応援に行くとみせかけて、わたしも大会に参加してみたらウケるかな??」という作戦で始めましたッ!(もちろん全敗しました…)。

バイブルは「ガラスの仮面」ですッ!!

 

よろしくおねがいします☆

(将棋女子も増えたらいいなぁ!!)

 

a

マングー
マングー
マングーじゃ!日々努力しているみんなの“成長の守り神“じゃぞ☆「~じゃ!!」が “口グセ“だと、周りからよく言われるが?どうかのう?!

じつは、ハルピチは『極度に緊張してしまう』という特徴があってのぉ!いつも見守っているのじゃ!(過去に、将棋大会の前日夜中…緊張のあまり嘔吐をしてしまい…大会不参加になるほどでのぉ!苦笑)

しか~しィ!大丈夫じゃ☆

そのような自分を受け入れ!優しく☆付き合えるようになってきているようじゃよ☆

【コツコツ☆自分のペースで♬木登りしていくのじゃぞ!】

 

それでは!はじまりぃ~ッ☆

~雨霜に打たれてこそ

若芽は強く伸びる~

どんな分野であれ成功に必要なものは

秀でた才能ではなく決意だ

「集中力」「勤勉」「忍耐」

平凡な資質が一番役に立つ

サミュエル・スマイルズ(自助論)

 

さいごに!

いちばん 伝えたいことは

「主体性」

 

あくまで

選択し!決意し!行動するのは

自分次第

 

自分自身で選択した 行動の先に

ステキな景色が 眺められますように☆

 

また コロナ禍においても

実践できるように意識し

“お家で取り組める“

YouTube「動画視聴スタイル」で♪

進めていきますねッ☆

【Readyyy to go! NOW!!!】

☆もくじ☆

 

【STEP.1】基本的なルール

①駒の動かし方

②基本的なこと

(交互に指す・終わり方・主な反則)

③駒の並べ方

(王or玉)

 

【STEP.2】将棋の一局の流れ

~初手から王さまをつかまえるまで~

①詰みとは「王さまのつかまえ方」

②王さまに近づこう!「序盤・中盤・終盤」

③最新の王さまに近づく方法!「7つの理論」

 

【STEP.3】将棋ウォーズ初段までの4つのステージ

~4段階で勉強レベルが変化するッ!

①初心者

②初級者

③中級者

④上級者

 

【STEP.4】最善手の選び方(将棋の思考法を知ることで!勉強内容を決めよう!)

①読み+大局観

②形成判断

③勉強方法

・読みを鍛える(詰将棋・手筋・戦法)

・大局観を鍛える(実践・振り返り)

・指導対局(成長の見える化)

 

【STEP.5】定跡「ハルピチシステム」

定跡とは!相手の王さまをつかまえる・自分の王さまを守るための理想の流れ!

(まずは!丸暗記しよう!)

さまざまな定跡があるが!ここでは!

「ハルピチシステム」を紹介するよッ!

 

「ハルピチシステム」とは?

~相手のすべての戦法に合わせて、こちらの戦法を固定することで、覚える範囲を限定して、勉強できることが利点です!

■主軸は「右四間飛車」である!

①対四間飛車(振り飛車)

②対居飛車

③対三間飛車

※使えない場合がある!

(相手が角道を閉じない・開けない)

対ゴキゲン中飛車

対角交換四間飛車

対嬉野流・飯島流引き角戦法・アヒル戦法

対居飛車(角交換・45桂戦法・48金29飛型)

 

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“最善手を導く思考“の構成概念(見える化):「理屈じゃないから,理屈が大切」の論理

【楠木 建(2010). ストーリーとしての競争戦略 東洋経済新報社】

 

定跡の学び方:ひとつの得意戦法を軸として深めながら(知の深化),得意戦法が使えない相手に備えた戦法をもつこと(知の探索)

【チャールズ・A・オライリー/マイケル・L・タッシュマン(2019). 両利きの経営「二兎を追う」戦略が未来を切り拓く 東洋経済新報社】

 

一局の流れ:学んだ定跡(予測可能)から、必ず外れる未知の局面(予測不能)が訪れることを受け入れる:『不確実性・リスク』~やがて来る!不確定な未来(局面)に備える

 

 

以下、執筆完成まで、おまけですッ☆ ⇩⇩⇩

 

▲「駒落ち」=「将棋最強上達法」についてお話します!

 

△「駒落ち」の実践例(7枚落ち)将棋ウォーズ3級のハルピチさん!

 

 

Coming Soon…

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。